下部内視鏡検査(大腸カメラ)

下部内視鏡検査(大腸カメラ)

当クリニックでは、高性能の内視鏡システムを導入しています。精密で患者さんに負担の少ない下部内視鏡検査と、丁寧な診断により、予防と治療をおこなっています。

下部内視鏡は、病変を詳細に観察できる拡大内視鏡を使用しており、また送気は苦痛の少ないCO2を使用しております。

こんな症状はありませんか?

  • 下腹部が痛い
  • 下痢が続く、便秘が続く
  • 便に血が混じる(便潜血)
  • 血液検査で貧血の進行が確認された

こんな病気の疑いがあります

大腸ポリープ、大腸がん、潰瘍性大腸炎、痔 など

診断と治療について

大腸ポリープが見つかった場合、小さいポリープはその場で切除できます。大きめの場合やポリープの状態によっては、専門病院や総合病院に紹介いたします。便に血が混じる場合は痔であることも多くあります。大腸がんなど悪性の病気が疑われる場合も、速やかに専門病院や総合病院に紹介いたします。

自己判断せずにきちんと検査をすることで、症状の緩和と疾患の治療法がわかります。

下部消化器官疾患のリスク

ご家族の中に大腸がんの既往がある方は、大腸がんのリスクが高くなります。また、腸内の環境のバランスが崩れている場合にも、大腸の病気になるリスクが高まるといわれています。

内視鏡検査で異常が見られない場合

下痢や便秘の症状が、慢性的に続いているのにもかかわらず、内視鏡検査で異常が見られない場合、「過敏性腸症候群(IBS)」の可能性があります。これは、主にストレスが起因して、下痢や便秘を慢性的にくりかえす疾患です。
重症の場合は、トイレの問題で学校や会社に行けなくなったり、外出を控えるようになったりするなど、生活の質を低下させることが問題になっています。

治療には、適切な薬による治療もございます。

下部内視鏡検査の概要と流れ

1前日

指定されたレトルトの食事を三食食べていただきます。就寝前に下剤を内服していただきます。

2当日

朝食は食べられません。朝から下剤を飲んでもらいます。検査の時間によって飲んでもらう時間が変わります。

3麻酔

検査の痛みを和らげるため、ご希望の方には鎮静剤を使用します。
検査する患者さんの体調をよく診察し、その方に応じた鎮静剤の量を調整します。

4検査

ポリープ切除の有無などにより時間はそれぞれ異なります。

5リカバリー

麻酔が切れるまで、別室のベッドでお休みいただけます。

院長からのアドバイス

大腸がんは、いま非常に増えている病気です。特に、女性のがんの死因は1位であり、男性も増えています。大腸の検査に抵抗のある方も多いと思いますが、早期に見つかれば内視鏡で治療できる時代です。早めに検査を受けることをおすすめします。

ご相談はお気軽に

お悩みがありましたら、栗原クリニックまでお気軽にご連絡ください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 03-3541-6573
    common_img01.png
  • 24時間受け付けております お問い合わせフォーム